福岡市南区大楠の歯科・歯医者なら、ほんだ歯科診療室

電話予約

ホワイトニング

ホワイトニング whitening

ホワイトニングとは?

ホワイトニングには、歯の表面の着色汚れを落とす効果や、歯の中に含まれる色素を分解して白くする効果があります。
歯科医院にて行う「オフィスホワイトニング」、マウスピースを作成してご自宅で行う「ホームホワイトニング」、その両方を行う「デュアルホワイトニング」がございます。それぞれ効果にも違いがありますので、ご希望に合わせてお選びいただけます。

歯に色がつく理由

色素の強いコーヒー、赤ワイン、カレーなどを多く口にする方は、歯に色素(ステイン)が付着しやすくなります。
また、加齢によって歯の中心部の黄色い「象牙質」の色が濃くなることや、表面を覆う白いエナメル質が薄くなることで、歯が黄ばんだように見えるようになります。
このように、歯に色が付く理由にはさまざまな要因がありますが、「ホワイトニング」で改善することができます。
※症例によって効果に差が出てしまう場合がありますので、歯科医師へご相談ください。

ホワイトニングのメリット

白い歯は健康的でさわやかな印象を与え、笑顔をより魅力的なものにします。 そのため、人前にでる機会が多い方や、結婚式など大切なイベントを控えた方には、ホワイトニングは特におすすめです。 短時間で歯を白くしたい場合は「オフィスホワイトニング」、空き時間を利用して行いたい場合は「ホームホワイトニング」など、どなたでもライフスタイルに合わせてホワイトニングを受けることができます。

こんな時にホワイトニングがオススメ

歯の黄ばみや黒ずみが気になる
仕事や面接で好印象を与えたい
就職や入学など新しい生活を迎える
結婚式を控えている
顔や口元の印象を若々しくしたい

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で光を照射して行うホワイトニングのことです。ほんだ歯科診療室では「ビヨンド ポーラス(Beyond Polus)」を使用します。このビヨンド ポーラスは日本で多くの歯科医院に導入され、効果と安全性が高いといわれるホワイトニングです。

ビヨンド ポーラスの特徴

  • コストが安い
  • 手順がシンプル
  • 安全性が高い
  • 効果が高い
  • 施術時間が短い
#Label

ビヨンド ポーラスは熱や紫外線をカットした光を使用しており、日本人の環境や歯のために開発されたホワイトニングシステムです。
効果が早いのが特徴で、1度のホワイトニングで白さを実感できる人もいます。ご希望の白さになるまで通常2~3回行います。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングはご自宅でお好きな時間に行うホワイトニングです。
歯科医院にて患者様専用のマウスピースを製作し、ご自宅でそのマウスピースに薬剤を注入して装着します。
オフィスホワイトニングより低濃度なので刺激が少なく、白くなるまでに時間がかかりますが、白さの持続期間が長いのが特徴です。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行います。2つのホワイトニングを行うので費用もかかりますが、オフィスホワイトニングで歯を白くし、ホームホワイトニングでその白さを持続させ色戻りを防ぐので、比較的早く、かつ長く白くすることが可能です。

ホワイトニングの
治療費について

ホワイトニングは審美性を求めるため、自費診療となります。 効果と合わせて参考にしていただくために治療費をご案内いたします。

施術名金額施術内容
オフィスホワイトニング1回目 
22,000円(税込)
2回目以降 
11,000円(税込)
歯科医院で薬剤を用いて歯の漂白をします。
通常2~3回行います。
ホームホワイトニング26,250円(税込)〜自宅で薬剤を用いて歯の漂白をします。
デュアルホワイトニング
(オフィス+ホーム)
通常 49,500円(税込)医院にて2回の漂白と、ご自宅にて週1回・1日2時間の漂白のセットです。通常より1万円お安く提供させていただいております。

ホワイトニングの
メンテナンスについて

ホワイトニングで歯を白くしても、徐々に元の色に戻っていきます。オフィスホワイトニングの場合は3~10ヶ月後くらい、ホームホワイトニングの場合は6~12ヶ月後くらいで後戻りが起こるといわれています。
白さを維持・管理するためには、ホワイトニング効果がなくなり始めた頃にもう一度ホワイトニングをする必要があります。
最初のホワイトニングよりも短期間で再び歯を白くすることができるので、クリーニングと一緒に定期的に受けるのをおすすめします。

ホワイトニングの注意事項

・ホワイトニングの効果には個人差があります。
・むし歯や歯周病などの病気がある場合はホワイトニングを行えないことがあります。
・治療中は知覚過敏などが起こることがあります。一過性のもので、施術が終わればなくなります。
・以下の方はホワイトニングを受けることはできません。
 ●無カタラーゼ症の方
薬剤に含まれている過酸化水素を分解する酵素を持っていないため禁忌です。
 ●エナメル質形成不全・象牙質形成不全の方
歯の発達が十分でない場合、薬剤の影響で歯の神経が痛むためです。
 ●入れ歯やさし歯など、歯が人工の方
人工歯はホワイトニングでは白くなりません。
 ●むし歯や重度歯周病の方
症状が悪化したり、患部にしみることがあります。まずは治療に取り組み、完治後にホワイトニングを行いましょう。
 ●内因性変色などのある方
乳幼児における病気、神経を抜いた歯、薬剤の副作用(テトラサイクリン系)、加齢による黄ばみの場合は、歯が白くならないことがあります。
 ●妊娠中、授乳中の方
安全といっても薬剤を用いるため、妊娠中のホワイトニングはおすすめできません。