PMTC(歯垢除去・ヤニ取り・くすみ取り)|福岡市南区高宮・大楠・平尾のほんだ歯科診療室

PMTC(専門的機械歯面清掃)

PMTCのご案内

PMTCとは?

PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、つまり歯科専門のスタッフが専用の器具とペーストを使い、歯磨きでは落としきれない歯の表面の汚れ(ステイン)、歯垢(プラーク)やバイオフィルムを除去(クリーニング)する方法です。
毎日歯を磨いていても、汚れや歯垢を完全に落とすことはできません。奥歯の歯間や歯の裏側など、患者様の見えにくい部分やブラシの届きにくいところまで歯科専門のスタッフが磨きあげます。

歯の汚れが原因の病気
  • 歯周病になる…
    放っておくと歯肉から出血したり膿が出てきたり、最終的には歯が抜け顔の形が変わってきます。
  • 虫歯になる…
    歯に汚れが付いていると、虫歯の原因になります。
  • 口臭が気になる…
    口臭は、体調が悪かったり、その日により変わってきますが、重要な原因の1つです。
  • 歯が黄色くなる…
    歯石や歯垢など、汚れが付いたままだとその上に汚れが付きやすくなり、歯がどんどん黄色く着色してきます。
バイオフィルムとは?

歯のバイオフィルムは一般的に歯垢(しこう)、あるいはプラークと呼ばれています。
そのなかでもぬるぬるしているのがバイオフィルムです。歯や歯肉の表面にもバイオフィルムは付着しており、その組成は細菌の排泄物で囲まれた細菌の集合体であり、プラークはバイオフィルムそのものなのです。
バイオフィルムは1mg中に10億個、300種類もの細菌を含んでおり、一旦バイオフィルムを形成した細菌は強固に歯に付着し、ブラッシング等のホームケアでは取り除くことが難しいのです。
ではバイオフィルムの除去に有効な方法は何でしょう?
それは歯科医師や歯科衛生士による機械的歯面清掃(PMTC. Professional Mechanical Tooth Cleaning)
です。普段きちんと磨けているつもりでも、実際には磨けていないところがあるものです。

PMTCの効果

効果1 白い歯になる
着色・ヤニなどの汚れが除去され、本来のご自分の白い歯がよみがえります。
効果2 歯周病患者の改善
歯肉炎・歯周病の予防、歯ぐきの腫れがおさまりひきしまってきます。
効果3 歯がツルツル
キレイな歯を保ち、歯の表面がツルツルになり、汚れが付きにくくなります。
効果4 虫歯になりにくい
フッ素入り薬剤を使うことで、歯がコーティングされ虫歯を予防します。

PMTCの流れ

プラーク、バイオフィルムの染め出し
プラーク、バイオフィルムの染め出しのイメージ画像
染色剤を使用して、プラーク、バイオフィルムの染め出しを行います。
トゥースクリーニング
トゥースクリーニングのイメージ画像
歯の表側、裏側、歯間部、咬合面のクリーニングを行います。
PMTC専用の器具に研磨剤をつけ歯面を丁寧に磨いていきます。
場所により器具を使い分けてクリーニングを行います
フッ素コーティング
フッ素コーティングのイメージ画像
PMTC後は、再石灰化の促進、酸に対して強いエナメル質の形成を目的としたフッ素コーティングを行います。

PMTCの治療費について

施術名 金額 施術内容
PMTC 5,400円 歯ブラシの届きにくいところや、
汚れのたまりやすい所の清掃を行います。

PMTCはタバコのヤニ取りにも効果的

歯がタバコのヤニですぐに茶色くなってしまうと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
歯磨きを念入りにしても、なかなか歯が白くにならない。
歯医者でヤニ取りをしても、1ヶ月もたたないうちに茶色くなってしまう。
実は、これらの行為によって、歯の着色汚れの悪循環に陥っている可能性があります。
ヤニ取りという治療の多くは歯の表面を傷つけながらヤニを取っていきます。
傷ついた歯の表面には細かな溝が出来ているためにヤニが付着しやすくなり、またすぐに歯が茶色くなってしまうのです。
PMTCでは、歯の表面をツルツルにすることにより、ヤニの付着しにくい歯を作っていきます。
つまり「付いたら取る(治療)」ではなく「付かないようにする(予防)」が、きれいな白い歯を保つ一番大切なことなのです。

PAGE TOP