入れ歯治療(部分入れ歯・総入れ歯)|福岡市南区高宮・大楠・平尾のほんだ歯科診療室

入れ歯治療(部分入れ歯・総入れ歯)

入れ歯治療のご案内

義歯・入れ歯治療とは?

皆さまが大切な歯を失った時の治療として一番ご存知なのは、入れ歯治療ではありませんか。
歯をすべて補う「総入れ歯」と失った部分だけを補う「部分入れ歯」があり、またその中でも使用する素材などによって保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯に分かれております。
保険診療の入れ歯の床部分(歯ぐきに接触する部分)はプラスチック製のものにかぎられておりますが、自費診療の入れ歯の場合は床部分の素材に食事の温度を伝えやすい金属など、さまざまな素材を使用することができます。

入れ歯の種類

ブリッジ

ブリッジのイメージ画像ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復させる治療方法です。
金属のバネ(クラスプ)がないので、装着時の異物感が少なく、見た目も自然です。
しかしながらこの治療法は、両隣の健康な歯を削らなければならず、土台の歯に負担がかかりますので、健康な歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。

部分入れ歯

部分入れ歯のイメージ画像部分入れ歯とは、残っている歯に金属性のバネ(クラスプ)などをかけて人工歯のついた床を固定させる治療方法です。
クラスプで固定するので異物感があり、外見上目立ってしまいます。
また、土台の歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める可能性があります。

総入れ歯

総入れ歯のイメージ画像歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯(総義歯)による治療をおこないます。
歯茎と粘膜で入れ歯を安定させなければなりませんので、高度な技術が必要になる治療です。
特に、歯茎がやせてしまった下顎の治療は大変難しい治療になります。

金属床

金属床のイメージ画像義歯床が金属で出来ている入れ歯のこと。
義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険のものよりもしゃべりやすかったり、違和感が少なかったりする総入れ歯を作れる可能性が高くなります。

スマイルデンチャー

スマイルデンチャーのイメージ画像弾力性に富むナイロン樹脂で作られた審美入れ歯です。
ひねってもねじっても割れないこの弾性を持ち、入れ歯を薄く作っても割れずに安心です。

入れ歯の治療費について

入れ歯の種類によって保険適用治療と自費診療とに分かれます。
その他の治療では、見た目の美しさを重視したセラミックのつめもの、セラミックインレーや、最先端歯科医療であるインプラントなども自費診療となります。皆さまにわかりやすいよう、入れ歯の治療費用(自費診療)をご案内いたします。

施術名 金額 施術内容
金属床義歯 チタン 453,600円 義歯床が金属で出来ている入れ歯です。
コバルト 356,400円
ノンクラスプ義歯 108,000円 金属のバネを使わずに、弾力性のある特殊な
樹脂をしようした審美重視の義歯です。

PAGE TOP